転職の回数が多い人向けの転職のアドバイス

 数年のうちに転職を何度も繰り返している場合は、仕事が長続きしなかったり、協調性の問題を指摘されやすい傾向です。応募先の企業からは、マイナスのイメージと捉えられる事が当たり前なので、転職活動において転職回数が多い事によるマイナスのイメージを払拭するアピールが必要です。

 


 転職活動で提出するために履歴書や職務経歴書に多くの職歴を書く際には、自分の現時点のビジョンや自分の人柄を具体的に伝えられるような書き方をして、これまで就いた事がある職務から転職する企業に対して、仕事などの関連性の高い能力を具体的に導き出して、これまでの実績などにおいて、応募している企業と焦点を合わせる事が重要です。

 

 転職活動における面接の際にも、転職の回数が多い事を指摘される事はあります。面接の際に転職の回数が多い事を言われた場合は、履歴書や職務経歴書などに記載されている職務などをただ単に読み上げるのではなくて、いかに前向きな転職であるかを採用担当者に印象付けさせる事が重要です。

 

 特に口頭で伝える事で強調して理由を述べる場合は、応募している企業と関連性のある職歴で、実績や経験を踏まえたアピールを端的に述べて、付け加えて志望動機をアピールする事が採用担当者に印象を与えやすいのです。転職が多い理由に関して、職務に関する事や人間関係などの後ろ向きな発言は禁物です。


このページの先頭へ戻る