マニュアルに沿った転職活動よりも自分の頭で考えて転職活動をする

 昔から転職時の面接に関しては、ある一定のマニュアルと言うものが存在し、そう言ったマニュアルに沿った転職活動を行っていけば、大抵の会社には転職できていたのですが、現在ではそう言った定石どおりのマニュアルに沿った面接対応だけでは通用しなくなってきたのです。


 なぜならば、インターネットの発達する前の時代ならば、面接官もそう言ったマニュアルの存在を知らないケースも多く、マニュアル通りの応答でも通用していたのですが、現代ではインターネットが発達し誰もがネット上の情報を知ることが出来、当然そのような情報の中には転職時の面接の質疑応答に関するマニュアルも存在しているため、転職者の応答がマニュアル通りかオリジナルの答えなのかが即座に見破られてしまうのです。

 

 こういった誰もが知識を共有する時代においては、定石どおりの転職活動はオリジナリティーの欠ける粗悪な劣化品と言うマイナスイメージしか会社側に与えません。

 

 そう言ったマイナスイメージを避けるためにも、マニュアル通りの転職活動を行うのを避けて、なるべく自分の経験に則したオリジナルの応答を面接時に行うのが良いでしょう。

 

 しかし何も転職時のマニュアルを何も見ずに面接に挑むのではなく、ネット上などの面接マニュアルを参考にして独自のアレンジを加えて自分オリジナルの対応をすることによって、臨機応変に転職時の面接に臨むことが可能なのです。


このページの先頭へ戻る