転職は「早い者勝ち」です

 わたし自身が転職をした時の話です。その当時勤めていた会社は勤務時間が不規則で仕事量も多く、皆がストレスを抱えていました。この会社に残っても将来はないと考えたわたしは、散々迷った末にやっと転職を決め、まずは同じ部署の先輩に転職を決めたと打ち明けました。


 どんな反応をするのだろうかと心配していたのですが、その先輩の反応は想像もしていなかったものでした。わたしを人気のない場所に連れていくと、小声で、実は自分も転職を考えていると打ち明けてきたのです。転職を考えるのは自分だけではないというのは、今考えれば当たり前ですが、その当時は全く考えてもみなかったことでした。

 

 わたしが転職した結果、その部署はその先輩を含めて二人だけになり、数年後に連絡を取った時にもその先輩はまだその会社に残っていました。わたしが先に転職をしてしまった結果、あとに残った先輩はさらに転職しづらくなってしまったようです。申し訳なくも思いましたが、それと同時に、先に行動を起こせて良かったなとも思いました。

 

 労働環境の良くない会社の場合、同時に数人が転職を考えているというのはよくあることです。ただ、皆心の中で考えていて口にはしないだけなのです。特に少ない人数でやりくりしているような職場では転職は「早い者勝ち」となることがあります。後に残れば残るほど辞めづらくなっていくのです。その可能性を考えれば、早めに転職をするというのは転職の一つのテクニックと言っても過言ではないと自分では思っています。


このページの先頭へ戻る